嫁入り長岡

2017.09.21

長岡の残暑払いは川西屋のモナカ~AMの謎~

28年間東京で暮らしてきた私。
2016年4月から夫のUターン転職をきっかけに新潟県長岡市に住むことになりました。

妊娠発覚から2ヶ月。お腹の子どもは5ヶ月、お腹も目立ちはじめました。

残暑おだやかな日曜日。

私「あ〜、気持ち悪い」

夫「大丈夫?」

私「さっぱりしたもの食べたい」

夫「んー、じゃあ、川西屋行くか!」

私「川西屋・・・?」




川西屋(読み:かわにしや)
——————————————————————————————
所在地:長岡市神田町1-2-29
昔ながらの手作りアイスキャンディーのお店。
——————————————————————————————

夫の話によると「長岡の夏は、美松の冷麺と川西屋のアイスキャンディー」と言われるほど、夏の風物詩なのだとか。





有名なのはアイスキャンディー。
ミルク、イチゴ、まっ茶、あずき90円。

どれもおいしく、どれにしようか迷うという声が多かったのか、数年前にミルクとイチゴとまっ茶のトリプル味120円が加わって、長岡市民の間では話題になったのだとか。

新聞に包まれたアイスキャンディーを見て珍しそうに写真を撮る私を見て、威勢の良い店員さんが、「いまどき、新聞にくるむなんて、おどろいたでしょう!?」と話しかけてくれました。

確かに、商品が新聞に包まれてきたことはなかったな。


夫「アイスキャンディーもうまいけど、川西屋と言えばモナカ!」
私「そうなんだ」
と言いつつ、アイスキャンディーも気になるのでふたつずつ購入。

まずはアイスキャンディー!

私「見た目よりも濃厚でおいしい~!」


長岡の街中をドライブしながら食べました。

夫おすすめのモナカはこちら。



私「かわいい!」



私「AM・・・ってなに?」

夫「なんだろうね?」

私「(知らないのかい!)やさしい店員さんに聞けばよかったな。」

お味はというと、想像以上にモナカがパリッとしていて、おいしい!こんなモナカ初めて!

中身はバニラアイス。小さいので2~3個食べられそう!

私「川西屋さん、また来たいな。次は三色食べてみようっと。」

つわりも吹き飛ぶ長岡の老舗の味を楽しみました。

赤ちゃんが大きくなったら、食べさせてあげようっと。

来年の夏も楽しみ!