UI-LIFEながおかでは、長岡のリアルな子育てライフをお伝えするため、長岡で子育てする現役ママを集めた座談会を開催しました。

長岡に住む現役パパ・ママが答える!長岡の子育て
Vol.4 UIターンの時不安だったこと
~雪がある! 仕事はあるの? でも、長岡には何もない!?~

東京で長岡の仕事探し、どのようにしましたか?

IMG_8894e

 

【長岡ママ・パパの声】

ネスパスでUターン情報を仕入れて就職活動をしていました。ネスパスで直接企業の方とお話しが出来たのが良かったです。」

「東京にいると、地方の情報を探すのは大変でした。インターネットでもなかなか調べられませんでした。ネスパスではUIターンイベントがあり、そこで情報収集ができました。」

「東京にいた時も長岡の就職活動を行っていました。就職情報サイトに登録し、ネットで情報収集していました。」

■表参道・新潟館ネスパス

ネスパスは表参道から“食”を中心とした新潟県産品の販売・イベント、観光情報、Uターン就職情報の提供により“にいがた”の新鮮情報を発信するアンテナショップです。
《所在地》東京都渋谷区神宮前4-11-7(表参道ヒルズとなり)
2階には『にいがたUターン情報センター』を開設。首都圏での新潟への就職の情報源として、U・Iターン就職をお考えの皆様をサポートしています。イベントも随時開催しています。

●詳しくはこちらから▶  http://www.niigata-uturn.jp/index.php

■やっぱ!ながおかU・Iターン個別相談会

0001-5-1024x771

ながおか就職・Uターンサポートデスクでは、東京都内にて、『やっぱ!ながおかU・Iターン個別相談会』 を毎月開催しています。
サポートデスクのスタッフが都内で出張相談会を行います。
都内にお住まいで、中々長岡へ帰省することが出来ない方、就職活動に関するご相談・お悩み等、なんでも承ります!
「Uターン就職活動の仕方がわからない」
「長岡の就職情報が知りたい」
「就職活動が行き詰っている…」等々、
就職活動に関する疑問や悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。(要予約)
応募書類の添削や面接対策にも対応いたします。

●詳しくはこちらから▶ http://www.de-job-ra.net/event/8173.html

■ながおか就職・Uターンサポートデスク

about_img01

長岡で働きたい方に就職に関する情報提供や相談を受け付けています。
まずは電話か、FAX、メールでご連絡ください。
保護者の方からの相談も受け付けていますので、どうぞご利用ください。
・運営会社:(株)アルプスビジネスクリエーション ※長岡市が(株)アルプスビジネスクリエーションに業務委託して実施してます。
・電話:0120-7505-14  FAX:0258-25-0887
・受付時間:平日午前9時~午後5時

●詳しくはこちらから▶ http://www.de-job-ra.net/

■新潟県ではUターンに役立つ情報誌をご自宅に無料でお届けしています。

県外に進学した学生のご家族向けに、Uターン就職に役立つ情報を掲載したフリーペーパーを提供しています。
0001 (2)

●詳しくはこちらから
購読登録のほか、バックナンバーもWEBでご覧いただけます。
http://www.niigata-uturn.jp/contents.php?page=8&no=54c5e14f49bd8



首都圏からの移住で雪の心配はありましたか?

IMG_3013

 

【長岡ママ・パパの声】

移住の悩みは冬場の雪でした。全く知らない土地、知らない人ばかりなのでどうなのかな…?という不安がありました。」

「長岡に来る前までは新潟県全体が『雪国』というイメージでした」
「5センチ程の雪道しか運転したことがないので、心配でした。タイヤの交換もいつすれば良いのか分かりませんでした。」

実際長岡での雪の生活はどうでしたか?

(1)ココが大変(*_*)雪のある生活

 

【長岡ママ・パパの声】

「長岡は毎日車の雪を下ろさないと大変なことになるのを、長岡に来て知りました。」

「最初は消雪パイプ(※)すら知りませんでした。」

「長岡に来てみて住む場所や環境によっても全然違うんだなと感じました。マンションに住むのか、アパートに住むのか、一戸建てに住むのか、融雪パイプがある地域に住むのかなど。自分で除雪しないといけないのかなど、住む場所や環境で大きく変わります。」

「雪道の運転は大変で、雪玉に突っ込んだこともありました。でも、一冬超えれば慣れることが出来ました。」

※消雪パイプとは
消雪パイプは、地下水をポンプで汲み上げ、路面に散水して雪を溶かすための施設です。かつては、除雪をするにも雪のやり場がなく、うず高く積もった雪の処理に困り、通行に支障をきたしていましたが、この消雪(しょうせつ)パイプのおかげで、冬でも夏場と変わらない路面状態となっています。
消雪パイプs
市有消雪パイプは市内全体で348km。安全・安心な冬を迎えられるよう、11月末までにパイプ内の汚れの除去やノズルの調整などを行います。
 ●消雪パイプについて新潟県のホームページでも紹介しています。http://www.pref.niigata.lg.jp/nagaoka_seibi/1195402265145.html

(2)長岡の雪暮らし 地域や住宅による違い

長岡の雪暮らしと言っても、地域や住宅の種類によって状況は異なります。違いについてご紹介します。
※状況により、それぞれ異なりますのであくまで一つの例として参考にしてください。

【地域による違い】
長岡市内でも海に近い地域、山に近い地域など場所により積雪量は異なります。
下記は2015年1月、2月の積雪量データです。参考にしてみて下さい。
■2015年1月の長岡市各地域の積雪量一覧は▶こちらから(クリックでPDFファイルが開きます。)
■2015年2月の長岡市各地域の積雪量一覧は▶こちらから(クリックでPDFファイルが開きます。)

ootedori tochio nakanoshimaohashi teradomari
長岡市大手通り 栃尾市 中之島大橋 寺泊

【住宅による違い】
■共同住宅・マンション
屋根の雪下ろしの手間はありません。立体駐車場の場合は車の雪下ろしの手間もありません。
平面駐車場の場合は車の雪下ろしが必要です。
■賃貸アパート・貸家
屋根の雪下ろしは基本的には大家さんがやってくれます。車の雪下ろしや駐車場の雪かきの必要があります。
■自己所有の一軒家
屋根の雪下ろし、駐車場の雪かきは自分で行います。

★ポイント★
●共同住宅(アパート・マンションなど)の場合、融雪装置が付いている住宅と付いていない住宅があります。
駐車場に融雪装置がついていると雪かきの手間が省け、とても便利です。
●賃貸住宅(アパート・貸家など)の場合、屋根の雪下ろしや駐車場の雪かきなど誰が行うのか、契約書を確認することが重要です。


(3)子どもは雪遊びが大好き!

IMG_8896e

 

【長岡ママ・パパの声】

「子どもは家の庭や近くの公園でスキーウエアを着て、毎日のように汗をかくほど雪遊びをします。」

国営越後丘陵公園は冬は無料なのでよく行きます。」

■長岡市にある主な公園
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kankou/miru/kouen/
■国営越後丘陵公園
冬はスキー・スノーボードゲレンドに。小さな子どももそり遊びが楽しめます。
http://echigo-park.jp/guide/play/index.html
■長岡市内にあるスキー場
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kankou/asobu/camp/

長岡市営スキー場 とちおファミリースキー場 古志高原
長岡市営スキー場 とちおファミリースキー場 古志高原スキー場

 

(4)長岡冬まつり

☆POINT☆
長岡市には雪の季節を存分に楽しめる、冬まつりが開催されます。
どのお祭りもそれぞれ特色のある楽しいイベントになっています。
小さなお子様も楽しめるお祭りなので、雪の長岡を是非満喫してください!

nagaoka11 266 262
長岡雪しか祭り おぐに雪まつり雪上エンデューロ大会 古志の火まつり

■越後長岡6大冬まつり(2~3月に開催)■

・とちお遊雪まつり
・スノーフェスティバルin越路
・長岡雪しか祭り
・おぐに雪まつり・雪上エンデューロ大会
・えちごかわぐち雪洞火ぼたる祭
・古志の火まつり
※日程などはその季節に長岡市のホームページに掲載されます。

何もない長岡へ帰る不安…

IMG_8876ee

【長岡ママ・パパの声】

「Uターンで帰ってくるときは『何もない長岡に帰ってくる不安』がありました。『長岡で何ができるのか?』『帰りたくない』と感じていました。でも、実際に長岡で暮らしてみて、美味しい食、安全な食、自然と触れ合えることが良いと感じます。人とのつながりが東京よりも密になっています。帰ってきて改めて『長岡っていい所だな』と再発見しました。」

「長岡に戻ってくるときは、『長岡で何をするのだろう?』という事でした。楽しい所がどこかもわからなかったし、これまでの生活が180度変わるので、長岡での生活のイメージが全くできなくて不安でした。 でも、長岡では、虫を採ったり土と触れ合ったり海で遊んだり自然を気軽に楽しめる、子どもが子どもならではの遊びができることがとても良いと感じています。」

「私も若いころは首都圏に憧れていましたが、子どもが産まれたりすると価値観が変わって、栃尾や寺泊の海などもあれば、住宅街もある。今は、それがすごく素敵だなと感じています。」

『長岡は東京に比べてつまらないんじゃないか?』と感じている方はすごく多いと思います。私も実際そう思っていましたが、いざ長岡で暮らしてみると、同年代ですごく頑張っている方がたくさんいらっしゃって、その方々から色々な刺激を受けます。『東京だけじゃないよ』『長岡も楽しい所だよ』と伝えたいです。」

ながおかでの新しい暮らしに不安を抱いている方へ、次のVol.5では座談会に参加していただいたUIターンの先輩ママ・パパから、これからながおか暮らしを始める方へのメッセージを紹介します。