バレーボール 基本ルール 9人制バレーボール

9人制バレーボールのルールとは?6人制バレーボールとの違い

こんにちは、夜桜です。

ママさんバレーボールを始める方やメンズの9人制バレーボールを始める方、又は始めたばかりの方は6人制のバレーボールとのルールの違いに戸惑うと思います。

そこで、9人制バレーボールのルールについて、下記内容をポイントにして解説していきます。

・9人制バレーボールの基本的なルール
・6人制バレーボールとの違いについて

9人制バレーボールの基本的なルール

9人制バレーボールは6人制バレーボールとルールが大きく異なります。

そこで、6人制バレーボールのルールと異なるところを解説していきます。

6人制バレーボールのルールについてはこちらをご覧ください。

バレーボールのルールや主な反則について分かりやすく解説!

こんにちは、夜桜です。 今回は最もメジャーである、6人制バレーボールのルールと反則について詳しく解説していきます。 バレーボール初心者からバレーボールをテレビ等で見る時に役に立つような情報を伝えられた ...

続きを見る

設備とボール

バレーコードの広さとネットが6人制とは異なります。また、ママさんバレーボールに関してはボールの大きさも異なります。

6人制男子一般6人制女子一般9人制男子一般9人制女子一般ママさん
コート18×9m18×9m21×10.5m21×10.5m21×10.5m
ネット高さ2m43cm2m24cm2m38cm2m15cm2m5cm
ボール5号球5号球5号球5号球4号球
9人制バレーボールの方がコードが広く、ネットが低い

チーム構成

9人制バレーボールはコート内に9人の選手が入ります。また、6人制と違い、ローテーションがありません。

勝敗

3セットマッチとなっており、1セット21点先取で1セット獲得となります。20対20となった時はデュースとなり、先に2ポイント連取することで1セット獲得となります。

サーブ

サーブは6人制と大きくルールが異なり、2回打つことができます(1回目がアウトやネットの場合、もう一度打つことができる)。

また、6人制の場合、ネットに当たって相手コートに入った場合でも問題ありませんが、9人制の場合は失敗扱いとなります。

サーブは失敗しても、もう一度だけ打つことができる。

ブロック

6人制バレーボールは相手のアタックに対してブロックする時はオーバーブロックをしても問題ありありません。しかし、9人制バレーボールの場合は相手のアタックを止める時もオーバーブロックをしてはいけません(反則となります)。

そして、ロック時にボールに触った場合、それは1カウントとなり、以降のプレーは2回までしかボールに触ることができません。』

ブロックしたボールをブロックした選手が続けてレシーブしても良いですが、ママさんバレーボールに関してだけは異なります。

ママさんバレーボールの場合はブロックしたボールをブロックした選手が続けて触ることは禁止です。

ネットプレー

また、『プレー中にネットにボールが触れた場合は1カウント触れる回数が増えます』。この時、同じ選手がもう一度触っても問題ありません。

例を挙げると以下のようなプレーができます。

(1)1人目がブロックでワンタッチを取る(1回目)
(2)2人目がレシーブする(2回目)
(3)3人目がボールをネットに当てる(3回目)
(4)3人目がネットに当たったボールを相手コートに返す(4回目だがルール上問題無し)

6人制バレーボールに慣れている人は戸惑ってしまいますね。

ローテーションとポジション

ローテーションとポジション共にありません。

その為、サーブを打った人がブロックする為に前に行っても問題ありません。

9人制バレーボールはルールを覚えた方が強くなる

9人制バレーボールのルールについて、6人制バレーボールと異なる部分について解説しました。

9人制は6人制と大きく異なるルールがあり、例えばネットプレーはルールを覚えておくと、ネットを利用したプレーを覚えることができます。

『ルールを理解することで、プレーの幅を広げることができるということです。』

是非、これからバレーボールを始める方も、6人制バレーボールをやっていた方も参考にしてみてください。

-バレーボール, 基本ルール, 9人制バレーボール

© 2021 夜桜の七転八起ブログ Powered by AFFINGER5