嫁入り長岡

2018.06.13

長岡の5月は田植えで忙しい!


28年間東京で暮らしてきた私。
2016年4月から夫のUターン転職をきっかけに新潟県長岡市に住むことになりました。

晴れの日が続いている今日この頃。

長岡にこの季節がやってきました。

新潟といったらお米!お米づくりの田植えの時期!

長岡にきて田んぼの風景を見た時には、となりのトトロで出てきそうな田園風景に興奮したけれど、今となってはどこを見ても田んぼにも慣れてきたり。

私「もうそろそろ田植えの時期なんだね。」

夫「そうだね、農家さんが忙しくなる時期だね。」

私「そういえば知り合いに農家さんいたよね?もし良ければ田植え見に行きたい!」

夫「ちょっと連絡してみるよ!」

と、お邪魔にならない程度に、田植えを初観察してきました。












田植えしている風景は見たことあったけど、こんなに近くで見させてもらえて、迫力ある!

農家さんたちは秋まで大事に育てて、やっとお米ができるんだなと改めて勉強できました。

















いつも義母から買ってもらうお米は茶袋に入った10キロのお米で、その大きさに最初はびっくりしたけれど、とってもおいしくて今ではあっという間になくなってしまう我が家。

そういえば、考えてみたら長岡にきてから、一度もお米を買ったことがない!

長岡の人って家族、親戚、知り合いに農家さんがいるって、当たり前のようだけれど、私にとっては新鮮で、そして今回の田植えを見てとてもありがたいことなんだなと改めて感じた1日でした。