嫁入り長岡

2019.12.23

長岡では普通の長靴はキケン!?

 

28年間東京で暮らしてきた私。

2016年4月から夫のUターン転職をきっかけに新潟県長岡市に住むことになりました。 早いもので長岡くらしも四年目。

さて12月。雪国・長岡の冬本番です。

過去のブログ:長岡冬本番〜除雪車のありがたみ編~

今年は暖冬?あまり雪が降らないとか。

それでも長岡に嫁入りした私は冬の準備万端。
以前も雪が降らないな~と思っていた矢先、寝て起きたら1メートルも積もっていたこともありました。

私が一番驚いたのは「長靴」の存在。

東京に住んでいたときは長靴なんて履く機会もなかったけど、長岡では必需品。
しかも、普通の雨の日用の長靴ではダメなのです。

たくさん雪が積もる長岡では、滑り止め付の長靴でないと、滑って転んでしまうのです。

滑り止め付長靴とは、通常の長靴よりも深い溝がついているもの。

私も長岡での初めての冬にインターネットで購入した可愛い長靴を履いていましたが、ツルツル滑ってしまって大変でした。

この時期、長岡の靴屋さんでは一番前に置いてあるので、自分に合った長靴を検討してみてくださいね。