ITエンジニア プログラマー

プログラマーは未経験の30代はきつい?年齢は関係ありません

こんにちは、夜桜です。

私自身プログラマーとしてそれなりの年月が経ちますが、よく30代の方からプログラマーになりたいという相談を受けます。

相談内容としては、「年齢的に厳しい?」が一番多い印象です。

今回は、そんな30代でプログラム未経験の方に向けて、プログラマーになる為の方法や知識を解説します。

プログラマーに未経験の30代でなるのがきついと言われる理由

プログラマーに限らず、IT業界は年齢が上がる程就職が厳しいという認識があると思います。

ただ、これに関しては他の業界も一緒です。プログラマーだから30代で就職がきついということではありません。

何故プログラマーは30代の就職がきついと言われているか、要因を下記に解説します。

20代の方が長く活躍できると考えられるから

他の業界も一緒です。若ければ若い程、長い年月会社に貢献できると考えられる為、未経験での就職の場合は有利になります。

その為、若い方が有利という認識はプログラマー以外にも言えるということです。

若手のプログラマー人口が増えているから

30代での就職がきついと言われている要因は若手プログラマーの人口が増えているからだと言えます。

単純にプログラマー人口が増えているということですね。

よく「IT業界は人材不足」と騒がれていますが、正確には「優秀なITエンジニアが不足している」と言い換えられます。

ただ、優秀なITエンジニアは多くはないので、会社に入ってもらってから成長してもらうことを考え、若い20代が優先される傾向はあると言えます。

プログラマーになるのに年齢は関係ない

プログラマーに未経験の30代でなるのがきついと言われる理由については前述しましたが、実際のところ関係ありません。

何故関係無いと言えるのか、理由を解説します。

プログラマーで評価されるのは個人のスキル

プログラマーはスキルの高さが最も重要な要素となります。

良くも悪くも実力主義の世界です。

前述した通り、会社に入ってもらってから成長してもらうことを多くの企業は考えています。

そこで未経験でも、「やる気だけはあります!」という人と「未経験ですが、必要な資格を取り、〇〇言語は独学で学びました!」という人では確実に後者が選ばれます。

この時は20代、30代関係ありません。IT業界は技術は日々進化していくので、プログラマーは常に勉強していかなければいけません。最初の段階でスキル向上への意欲が高い人が重宝されます。

個人のスキルの高さは年収の上下に関わります。詳しくは下記で解説しています。

プログラマーの年収は?未経験で転職する場合の注意点

こんにちは、夜桜です! 私は現役の平凡プログラマーですが、よく周りから 「プログラマーってどうなの?未経験でもできる?」 「年収高い?」 といった質問を受けます。 そこで、今回はプログラム未経験の方に ...

続きを見る

スキルの高さを証明できる資格が多数存在する

資格は自分のスキルの高さを証明する為のものです。

プログラマーとしてのスキルの高さを証明する資格は誰でも受けることができます。

他の業種だと、大学で〇〇科を専攻していた方であったり、〇〇の経験が何年以上であったり、未経験では取ることができない資格が多数ありますが、プログラマーの資格にはそういうものはありません。

コミュニケーション能力が近年重視されている

現在のIT業界はプログラマー以上にシステムエンジニアという職業が求められています。

システムエンジニアはプログラム知識だけでなく、お客様との打ち合わせやシステム設計が必要となります。

お客様から必要な情報を引き出し、プログラマーの方々へ情報を伝える力が求められ、コミュニケーション能力が重要視されます。

以前の仕事が営業や接客の人の場合、その力を生かすことができれば会社からの評価が高まるでしょう。

プログラマーになる為には何を勉強すると良い?

プログラマーとして就職する際、事前に準備しておくべき内容を下記にまとめます。

面接に有利な資格を取る

未経験であっても、資格を取った上で企業へ応募することは、書類選考、面接を有利にするだけでなく、就職後に早期から活躍することができるようになります。

様々な資格がありますが、下記2つの資格を取っておけば問題ありません。

・ITパスポート
・基本情報技術者試験

ITパスポートは比較的容易に合格することができます。

基本情報技術者試験はある程度勉強する必要がありますが、プログラマーに必要な知識や専門用語を理解することができ、プログラムについても基礎的なことは理解できるでしょう。

主流のプログラム言語を勉強する

プログラミング言語というのは膨大な種類存在します。

例えば、需要の高さでみれば「Java」が圧倒的です。

他には、ゲームを作りたいという人は「C++」であったり、Webアプリケーションというものを作りたい人は「PHP」等、プログラマーとして何を作りたいかで勉強すべき言語が変わります。

自分が将来どのようなプログラムを作りたいかで勉強すべきプログラムを選択しましょう。

年齢は気にせずにプログラマーに挑戦しよう!

IT業界はスキルの高さが重要視されますので、年齢を気にする必要はありません。

未経験であっても、事前に資格取得やプログラム言語について学習しておき、それをアピールすれば企業から良い評価を得られるでしょう。

優秀なITエンジニアは独学で勉強されている人も多いので、興味ある方は是非チャレンジしてみてください!

-ITエンジニア, プログラマー

© 2021 夜桜の七転八起ブログ Powered by AFFINGER5