ITエンジニア オンラインスクール

RaiseTech(レイズテック)の評判は?現役PGの観点で解説

こんにちは、夜桜です。

エンジニアになりたくてRaiseTech(レイズテック)が気になっているが、評判が分からずに受講を迷っていませんか?

ここでは現役プログラマーの観点からRaiseTech(レイズテック)の評判を解説していきたいと思います。

RaiseTechの基本情報

RaiseTech(レイズテック)の基本情報について、用意されているコース毎に下記に記載します。

コース名コース内容料金
Javaフルコース・JavaでのWEBアプリケーション開発
・フレームワークやライブラリについて
・自動化、DevOps、AWSといった現場の技術について
通常価格      :398,000
早朝10%OFF:358,200円
学割             :238,000
マーケティングコース・マーケティングの基本
・各種広告の設定・運用について
・個人でも案件を獲得しやすい「Lステップ」について
通常価格      :398,000
早朝10%OFF:358,200円
学割             :238,000
WordPress副業コース・HTMLやCSSといったWebサイト制作の技術を基礎について
・WordPressを使ったWebサイト制作
・現場で必要とされるGitやCSS設計について
通常価格      :298,000円
早朝10%OFF:268,200
学割             :198,000
AWSフルコース・AWSの基礎から応用について
・Webアプリケーションの開発について
・自動化、DevOpsといった現場の技術について
通常価格      :398,000
早朝10%OFF:358,200円
学割             :238,000
デザインコース・デザインの知識やツールの使い方
・ウェブデザイン、印刷物のデザインについて
・SNSの活用方法やポートフォリオについて
通常価格      :298,000円
早朝10%OFF:268,200
学割             :198,000

全てオンラインで受講することができます。

現在最も需要の高いJavaや個人で勉強するには難易度が高いAWSのコースが用意されているのに目が引かれます。

RaiseTechの評判

では実際にRaiseTech(レイズテック)の評判はどうなのでしょうか。

実際の口コミからメリット、デメリットに分けて解説します。

RaiseTechのメリット

最初にメリットについて解説します。

AWSを学ぶことができる

RaiseTech(レイズテック)で一番の特徴であり、メリットだと思います。

AWSを扱うオンラインスクール自体が少ないですが、現在需要が高騰しています。

そのAWSを短期間で実践で通用するレベルまで学習することができるコースが用意されているのはとても魅力的と言えるでしょう。

現場で活躍しているエンジニアが講師

RaiseTech(レイズテック)では現場で活躍しているエンジニアが講師としてアドバイスをして頂けます。

IT業界は日々技術が進化していきます。

その為、現在も現役で活躍しているエンジニアに教えてもらえることは、最新の技術を教えてもらえるということです。

仕事を紹介してもらえる

知識や技術だけを習得して終わりではなく、その後の仕事の紹介もRaiseTech(レイズテック)ではしてもらえます。

明確にエンジニアとして活動していきたい人には頼もしい内容となっています。

RaiseTechのデメリット

次にデメリットについて解説します。

中途半端な気持ちだと挫折する

RaiseTech(レイズテック)は「稼げるエンジニア」を目標に掲げています。

その為、授業のスピードが速かったり課題が多く出たりします。

「なんとなくエンジニアになりたいな」くらいの気持ちだと確実に挫折するでしょう。

特に、Javaはプログラム言語の中でも習得難易度が決して低くなく、AWSもネット上に多く情報が出回っている訳ではありません。

しかし、言い換えればJavaやAWSを取得している方は企業に重宝されますので、頑張った分報われると言えるでしょう。

内容が難しい

上記にも記載しましたが「稼げるエンジニア」を目標に掲げているので、現場で通用する知識や技術がカリキュラムに組み込まれています。

その分内容が難しくなっており、自分で調べて解決する力が必要となってきます。

そもそもエンジニアは自分で解決する力が重要となってくるので、カリキュラム受講中から経験を積むことができるのは貴重です。

選べるコースが少ない

他のオンラインスクールに比べて、RaiseTech(レイズテック)が用意しているコースは比較的少ないと言えるでしょう。

RaiseTech(レイズテック)を利用したい人は明確にJavaやAWS、デザイン関係を学びたいという人におすすめとなっています。

RaiseTechに向いている人

メリット、デメリットを踏まえて、RaiseTech(レイズテック)に向いている人は下記の通りです。

・JavaやAWSなど、明確に学びたいものがある。
・現場ですぐに通用する知識、技術を身に付けたい人。
・短期間で習得したい人。

どのコースも受講期間は4ヶ月です。

仕事をしながら受講することも可能である為、これから短期間でエンジニアを目指したい人におすすめとなっています。

興味がある人はRaisetech無料説明会に参加しよう!

RaiseTech(レイズテック)の評判やメリット、デメリットについて解説してきました。

RaiseTech(レイズテック)では無料説明会を毎週金曜日に開催しています。

無料説明会に参加したからといって無理やり受講させられるようなことはありません。

興味がある方は参加してみることをおすすめします。

RaiseTechの無料説明会はこちら

他のオンラインスクールについては下記をご覧ください。

侍エンジニア塾の評判は?メリット・デメリットについて解説

こんにちは、夜桜です。 エンジニアを目指したい方でオンラインスクールで受講を考えている方は「侍エンジニア塾」というスクールを聞いたことがあると思います。 エンジニア向けのオンラインスクールの中では有名 ...

続きを見る

-ITエンジニア, オンラインスクール

© 2021 夜桜の七転八起ブログ Powered by AFFINGER5