ITエンジニア システムエンジニア

未経験でシステムエンジニアはきついのか?仕事内容とメリット3つを解説

 

この記事では下記ポイントについて解説します。

 

ポイント

システムエンジニアのきつい仕事内容

未経験者の場合、さらに増える仕事内容

システムエンジニアになることのメリット

 

未経験でシステムエンジニア(SE)になるのはきついという印象はありませんか?

 

結論からお伝えすると未経験でシステムエンジニアはきつい』です。

 

そこで、ここではシステムエンジニアがきついと言われる理由について解説します。

 

システムエンジニアのきつい仕事内容

 

そもそも、システムエンジニア自体きついと言われる職業です。

 

きついと言われる理由は下記の通りです。

 

お客様とプログラマーの板挟みになる

 

システムエンジニアはお客様からの要求を元にどのようなシステムを作るか設計を行います。

 

この時、お客様から多くの要望をできる限り実現した方が信頼を得ることができます。

 

しかし、要望が多ければ多いほどシステムは膨大となっていきます。

 

その結果、負担がかかるのはプログラマーの方々です。

 

お客様の要求をどこまで取り込むかという匙加減が難しく、システムエンジニアはお客様とプログラマーの方々の板挟みにあってしまうことが多くあります。

 

納期に追われる

 

これはシステムエンジニア及びプログラマーの方々全員に言えますが、システムの作成には納期があります。

 

システムを設計する段階で問題点を洗い出すことができていないと、円滑にシステムを作成することができません。

 

そういった中でも、納期を守らなければお客様の信頼を損なうことになります。

 

納期に間に合わせる為、残業や休出をしてでも完成させる必要があります。

 

お客様からのクレーム処理

 

システムを納品後、不具合が発生するとお客様からクレームが入ります。

 

クレーム処理は主にシステムエンジニアが担当することが多く、時には厳しいことも言われてしまうことがあります。

 

中には、精神的に病んでしまう人が出てしまうのも現実です。

 

未経験システムエンジニアのきつい内容

 

システムエンジニアのきつい内容について前述しましたが、未経験からの場合、さらに下記内容が降りかかります。

 

スキル習得の為の勉強

 

システムを設計する為にはプログラム知識が必須です。

 

知識が無いと中身のない設計となってしまい、プログラム作成の段階で躓いてしまいます。

 

他にも、お客様の業務内容を把握する作業も必要となり、業務時間外で勉強する必要があります。

 

プログラミング知識、システム開発、お客様の業務内容というように、覚えることがとても多いのがシステムエンジニアです。

 

システム設計の知識が必要

 

システム設計はプログラムを作成するよりも難易度が高いです。

 

理由は、何をどうすればお客様の要求を実現できるかを論理的に考え、設計していく必要があります。

 

プログラマーは設計書通りにプログラムを作成することが重要である為、理系的な考え方はあまり必要ありませんが、システムエンジニアでは必要となります。

 

また、お客様とお金の交渉も発生することがあり、多方面の知識が必要となります。

 

他の人に仕事を任せる勇気

 

システムエンジニアはお客様との打ち合わせ、システム設計、時には自身でプログラムを作成する必要があります。

 

また、プログラマーが作成したプログラムの確認等、仕事内容が膨大にあります。

 

一人で全てこなすことは難しい為、他人に任せることができる仕事は勇気を持って振っていく必要があります。

 

システムエンジニアを目指す必要があるのか?

 

システムエンジニアのきつい仕事内容について解説しました。

 

実際、システムエンジニアを目指す理由があるのでしょうか。

 

ここまで読んでいただいた方はネガティブな感情が多くなってしまったと思いますが、仕事がきつい分、大きなメリットがあります。

 

システムエンジニアのメリット3つ

 

ここまでシステムエンジニアのきつい内容について解説していきましたが、当然メリットもあります。

 

メリット1:プログラマーの人口は増えているが、システムエンジニアは不足している

 

プログラマーの人口は年々増えています。

 

しかし、システムエンジニアの人口は急激に増えている訳ではありません。

 

理由は解説した通り、システムエンジニアはきついからでしょう。

 

だからこそ、現在IT業界ではシステムエンジニアはとても重宝されています。

 

メリット2:プログラマーより給与が高い

 

システムエンジニアはプログラマーより業務の幅が広く、大変はありますがその分給与が高くなる傾向があります。

 

スキルの高いシステムエンジニアであれば、年収1000万を超える人もいます。

 

メリット3:フリーランスへの道が見込める

 

プログラム作成、お客様の要求からシステム設計ができるスキルがある人は、最終的にフリーランスに転向する道が見えます。

 

『フリーランスとして活躍できるようになると給与が跳ね上がります。』

 

責任が全て自分自身にかかってきてしまいますが、年収1000万、2000万を狙うことができ、仕事量を調整することが可能となります。

 

システムエンジニアの前にプログラマーの経験を積む

 

システムエンジニアのきつい内容とメリットについて解説しました。

 

最終的にはITエンジニアとして最終的にはシステムエンジニアを目指す方向を考えてもらいたいです。

 

きつい内容について解説してきましたが、プログラマーとして前もってスキルを高めたり、システムエンジニアの仕事の一部を経験しておくことで、円滑にステップアップすることができます。

 

是非、まずはプログラマーとして経験を積み、システムエンジニアを目指してみてください。

 

未経験者プログラマーについては下記をご覧ください。

 

プログラマーの年収は?未経験から転職する為の方法について解説

  この記事では下記ポイントについて解説します。   ポイント プログラマーの平均年収 プログラマーのメリット・デメリット 未経験からプログラマーになる為の方法   私は ...

続きを見る

 

-ITエンジニア, システムエンジニア

© 2021 夜桜の七転八起ブログ Powered by AFFINGER5