バレーボール テクニック

バレーボールでスパイクを強く打つ方法とは?3種類のフォームを解説

 

この記事では下記ポイントについて解説します。

 

ポイント

強いスパイクを打つ方法。スパイクには重さとキレ

自分に合ったスパイクフォームを見つけ方

自分のプレースタイルに合ったスパイクの打ち方

 

バレーボールでスパイクを強く打つことが出来ず、悩んでいる方も多いと思います。

 

そこで、今回は『スパイクを強く打つ方法』に重点を置きつつ、下記ポイントについて解説したいと思います。

 

スパイクを強く打つ方法。重さとキレとは?

 

強いスパイクと聞いてどのようなスパイクを思い浮かべるでしょうか。

 

打ったスパイクが相手レシーバーを弾き飛ばし遠くまでボールが飛んでいく、打った瞬間、レシーバーが反応できずにボールが落ちる等、人に思い浮かべるスパイクは違うかもしれません。

 

しかし、どれも大きく分けるとスパイクの質は2種類に分けることが出来ます。

 

それは「重さのあるスパイク」と「キレのあるスパイク」です。

 

野球等でも重いストレート、キレのある変化のように表現されますね。

 

では、2つについて詳しく説明していきます。

 

重さのあるスパイク

 

レシーブを弾き飛ばすような重さのあるスパイクを打つ人の特徴は下記の通りです。

 

・上半身が鍛えられており、スパイクを打つ時にボールに大きなパワーを与えられる

・スパイクを打つ時、ボールを押し出すような感覚で打つ

・ボールに体重を乗せて打つことが出来る

 

重さのあるスパイクは言い換えればパワーのあるスパイクです。

 

その為、上半身をしっかり鍛えている人で無いとそもそも打つことが出来ません。

 

また、本当に押し出すようにスパイクを打っている訳ではありませんが、ボールにミートさせた時に腕を最後まで振り切り、限界までボールに力を与える打ち方をします。

 

そして、ボールをしっかり前で捉えてボールにしっかり体重を乗せて打つことでレシーブを弾き出すような重さのあるスパイクを打つことが出来るのです。

 

重さのあるスパイクを打つ人は『レシーブ出来ないスパイクやブロックを弾き飛ばすスパイク』が得意と言えるでしょう。

 

後程解説しますが、スパイクフォームとしては『サーキュラー・アーム』を身に付けることで、重さのあるスパイクが打てるようになります。

 

キレのあるスパイク

 

キレのあるスパイクは、ミートさせる時のインパクトと、腕の振りの速さによって生まれます。

 

キレのあるスパイクを打つ人の特徴は下記の通りです。

 

・腕を引いた位置からボールにミートさせるまでが速い

・ボールにミートさせる瞬間、腹筋と背筋を使うことが出来る

・ボールへのミートが上手で、しっかりドライブをかけて打つことが出来る

 

速いスパイクは右利きの人であれば左手を上げて右手を後に引きますが、ここからボールをミートさせるまでを速くする必要があります。

 

また、ボールへのミートが上手で手首をしっかり返してドライブをかけつつ、腹筋と背筋に一瞬だけ力を入れてミート時に力を加えることがキレのあるスパイクを打つことが出来ます。

 

キレのあるスパイクを打つ人は『コース打ちやブロックアウト』が得意と言えるでしょう。

 

重さのあるスパイクかキレのあるスパイクどちらが良いか

 

重さのあるスパイクとキレのあるスパイクについて説明しましたが、ではどちらが強いスパイクと言えるでしょうか?

 

答えは、どちらも強いスパイクと言えます。

 

どちらもバレーボールに必要なスパイクの打ち方であり、相手ブロックやトスの状況によってどちらのスパイクを打つべきかが変わってきます。

 

その為、まずは自分が向いていると思う方のスパイクを練習し、それが身に付いてきたらもう片方のスパイクも練習していくのがベストだと思います。

 

バレーボールで使われる3種類のスパイクフォーム

 

皆さんはスパイクフォームには3種類のフォームが存在することをご存じですか?

 

スパイクフォームには『ストレート・アーム』『サーキュラー・アーム』『ボウ・アンド・アロー』の3つが存在します。

 

それぞれ特徴がありますので説明しています。右利きを参考に記載しますので、左利きの方は腕を反対にしてください。

 

ストレート・アーム

 

ほとんどの初心者が最初に教わるフォームです。

 

とてもシンプルなフォームとなっており、バックスイング後に振り上げた両腕を真っすぐ上に上げ、左腕はそのままで右腕は肘を折りたたんでそのまま振り下ろしてスパイクを打ちます。

 

打点が一定になりやすくボールへのミートもさせやすいですが、腕の可動域が少ないことからボールの威力が弱くなってしまうことが特徴です。

 

初心者はストレート・アームで練習し、その後はサーキュラー・アームかボウ・アンド・アローのどちらかになることが多いと思います。

 

サーキュラー・アーム

 

難易度が高いフォームとなっていますが、力強いスパイクを打つことが出来ます。

 

実際、日本のトップクラスのバレーボール選手のほとんどはサーキュラー・アームを使用していると言われています。

 

バックスイング後に左腕を大きく上に上げつつ、右腕を思いっきり後ろに引きます。

 

この時、胸が開くまで右腕を後ろに引いてからスパイクを打ちます。

 

右腕が肩より低くなるところまで引くのがポイントです。

 

ストレート・アームと違い、腕の可動域がとても広くなることからその分ボールに威力を伝えることが出来ます。

 

ただし、前述した通り体を大きくひねることになるのでミートやコース打ちが難しくなります。

 

ひねりの力を使う為、筋力が少ない人でも重さのあるスパイクを打つことが出来るフォームです。

 

日本男子では石川 祐希選手や西田 有志選手がこのフォームを使用しています。

 

ボウ・アンド・アロー

 

ストレート・アームと似ており、バックスイングから腕を振り上げるまでは同じです。

 

その後、右腕を後ろに引いてスパイクを打ちます。

 

少し後ろに反るようなイメージです。

 

その反動を使ってスパイクを打つのがボウ・アンド・アローです。

 

ストレート・アームより可動域が広がり、力強いスパイクが打てます。

 

男女問わず人気のあるフォームで重さのあるスパイクもキレのあるスパイクも打つことが出来ます。

 

実際、元全日本女子バレーの木村 沙織選手もこのフォームでした。

 

ただ、日本人は筋力が劣る場合が多く、少ない筋力を生かせるサーキュラー・アームの方が年々推奨されてきています。

 

自分のプレーに合ったスパイクの打ち方を覚えよう

 

スパイクを強く打つ方法としてスパイクの種類と3つのスパイクフォームについて説明してきました。

 

まずは自分がどういったスパイクを打ちたいかを明確にし、それに適したスパイクフォームを覚えてください。

 

自分の理想とする強いスパイクが打てるようにより、一層バレーボールが楽しくなると思います。

 

バレーボールのサポーターはD&Mが安くておすすめです。筆者も愛用しています。

 

 

高い打点でスパイクを打てるようになりたい方は下記をご覧ください。

 

バレーボールでジャンプ力を上げる方法?トレーニングは後回し

  この記事では下記ポイントについて解説します。   ポイント バレーボールでジャンプ力を上げる方法 ジャンプ力に重要な肩甲骨を柔らかくする方法   バレーボールではスパ ...

続きを見る

 

バレーボール初心者に向けたスパイクの打ち方については下記をご覧ください。

 

バレーボール初心者に伝えたいスパイクの打ち方【アゴを引いて打つ】

  この記事では下記ポイントについて解説します。   ポイント バレーボール初心者へのスパイクの打ち方 バレーボールでアゴを引いてプレーすることの重要性   今回はバレー ...

続きを見る

 

-バレーボール, テクニック

© 2021 夜桜の七転八起ブログ Powered by AFFINGER5