バレーボール テクニック

バレーボールで安定したトスを上げるには?コツや指の使い方を解説

こんにちは、夜桜です!

ポジションがセッターで安定したトスが上がらずに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

安定したトスを上げるにはちょっとしたコツを意識することで飛躍的に上達します。

この記事ではセッターになったばかりの方や初心者の方に向けて、『安定したトスを上げる方法』について解説します。

意識を変えるだけで上達する方法もありますので是非ご覧ください。

バレーボールのトスとは?

バレーボールのトスとは、1本目のレシーブで上がったボールを味方アタッカーに打ちやすいボールをパスすることです。

このトスを上げる人(ポジション)のことをセッターと呼び、バレーボールにおいて最もな重要なポジションとなります。

チームに強烈なスパイクを打つことができるアタッカーがいても、安定したトスが上がらなければ点を決めることはできません。また、試合のレベルが上がる程、相手ブロッカーを欺くトスを上げる必要も出てきます。

セッターは味方アタッカーに打ちやすいトスを上げること、そして相手を欺くトスを上げることが重要となります。

トスの種類

現在、トスには多くの種類があります。トスの種類を覚えることで攻撃のバリエーションを増やすことができ、相手ブロックをかく乱することが可能です。

重要度の高いトスから書いていますので、上から順番に練習していくのが効率的だと思います。

オープントス

レフトまたはライトにスパイカーが打ちやすいよう、高く上げるトスのことです。

最も基本となるトスになりますので、まずはこのトスから練習しましょう。

バックトス

自分の後ろにトスを上げることです。

まずは自分が向いている方向に安定したトスが上げられるようになってきたら、次はこのバックトスを練習すると良いでしょう。

バックトスができるようになると、相手ブロッカーを左右に揺さぶることができるようなります。

二段トス

1本目のレシーブが乱れ、セッターがネットの近くから離れたところから上げるトスのことです。

2本目をセッター以外がトスを上げた場合も二段トスとなります。

試合中、必ず1本目のレシーブがセッターの近くに上がる保証は無いため、オープントスの練習の中で、二段トスも織り交ぜると良いでしょう。

クイックトス

セッターがトスを少しだけ上に上げ、スパイカーがすぐにスパイクを打つことができるトスのことです。

AクイックやBクイック、Cクイック等があり、クイックトスを上げられると相手ブロッカーがクイックを打つ選手をマークしなければならず、レフトやライトでスパイクを打つスパイカーのブロックを減らす意味があります。

Aクイックは特に基本的な攻撃方法ですので、積極的に練習していきましょう。

セミトス

クイックトスより少し高めに上げて、相手ブロッカーにクイックと思わせて、他のアタッカーがスパイクを打ちます。

クイックを試合中に何本も決めていると、相手ブロッカーはクイックにブロックを合わせますが、その裏を突いた攻撃です。クイックにブロックが飛んでくれれば、ノーブロックでスパイクを打つことができます。

クイックトスが安定し、Aクイックが決まるようになってきたら、練習すると攻撃のバリエーションが増えます。

平行トス

ネットにできるだけ平行にボールを上げるトスのことです。

平行に上げるため、スパイカーにボールが届くまでが速く、相手ブロックが付いてこれないというメリットがあります。

ただし、平行トスは上記に記載した通り、スパイカーにボールが届くまでが速く、スパイカーもトスを見てからスパイクモーションに入ると遅れて打てない為、早めに入ってきます。

このことから、オープントスと違ってスパイカーがトスに合わせることが難しい為、出来る限りピンポイントにトスを上げる必要があります。

スパイカーとの連携も必要になる為、まずはオープントスが安定してから平行トスを練習していきましょう。

ジャンプトス

ジャンプして上げるトスのことをジャンプトスと言います。

ジャンプして上げることで、高い位置からボールをスパイカーに届けることができる為、攻撃が速くなります。また、スパイカーもタイミングを合わせやすくなります。

また、ジャンプトスをすることで、セッターがトスを上げるフリをしてそのまま相手コートにボールを落とすことができます(ツーアタックと言います)。

ジャンプトスはとてもメリットが多いですが、安定するまで時間がかかりますので、まずはジャンプトス以外のトスを安定させて最後にジャンプトスの練習をしましょう。

ワンハンドトス

片手でトスすることです。

ネットギリギリにボールが上がった場合、両手だと上げづらい場面があります。

そういった時に片手でトスを上げ、スパイカーにボールを届けます。

試合の中で、ワンハンドトスで上げる機会は多くないので、ある程度他のトスが安定してきたころに練習すると良いでしょう。

安定したトスを上げる為のコツや指の使い方

ちょっとしたコツを意識することや指の使い方を覚えるだけで飛躍的に安定したトスが上げられるようになります。特に重要と思う内容について下記に記載します。

指の役割を覚えよう

両手の親指と人差し指で三角の形を作り、トスを上げるように指導される人は多いと思います。

ただ、安定したトスを上げる為には親指、人差し指、中指の3本で上げろという人と、5本の指全てを使って上げろという人の2パターンがあると思います。

実はこれは『どちらも正解』です。ただ、自分の成長段階によって意識する指が違うのです。

まず、ボールに回転がかかってしまう、ダブルコンタクト(ドリブル)をよく取られるという人は3本の指を意識しましょう。親指、人差し指、中指はボールを飛ばす役割を担っており、3本の指がしっかり使えていればボールに回転がかからなくなっていきます。

次に、回転はかからないけど、上げたボールがブレてしまうという人は、薬指、小指を意識しましょう。薬指、中指はボールをコントロールする役割を担っており、この2本が使えればボールの方向を安定させることができます。

最終的には5本の指全ての役割を理解し、5本の指でトスを上げることが理想となります。

ボールの落下地点に早く入ろう

トスを上げる時、全身の力をボールに伝える必要があります。

ボールの下に入るのが遅いと十分な体勢を作ることができず、ボールを飛ばすことができません。

また、十分な体勢が作れないということは、体をトスを上げたい方向に向けることができないということです。トスは自分の真正面、または真後ろに上げることが基本となります。

落下地点に入るのが遅れるということはそれだけ安定したトスを上げられなくなることだと思ってください。

親指を使う

指の役割について解説しましたが、5本の指の中で最も重要な指は『親指』です。

バレーボールは全てのプレーにおいて、上手な人ほど親指を意識して使っています。

例えば、スパイクではインナースパイクを打つ時は親指が使えないと打つことができません。ブロックも親指に力が入っていないと弾き飛ばされてしまいます。

トスの場合、親指が意識できていないとボールに回転がかかったり、バックトスを上げることができません。親指は5本の指の中で最も力が入り、大きい指です。ボールに力を伝えて安定したトスを上げるに親指が使えているか確認しましょう。

バレーボールは安定したトスが重要

安定したトスを上げる為に、最後にもう一度内容をおさらいしましょう。

1.指の役割を覚える
→3本の指でボールを飛ばす(親指、人差し指、中指)
→2本の指でボールをコントロールする(薬指、小指)
→最後は5本の指全てを使ってトスを上げる

2.ボールの落下地点に早く入る
→体勢を安定させ、ボールに力を伝えられる
→安定したトスを上げられるようになる

3.親指を使う
→ボールに力を伝え、ボールを飛ばすことができる
→トスだけでなく、バレーボールにおける全てのプレーで重要

いきなり全てを意識して練習することは難しいと思います。

しかし、順番に1つずつ意識して練習していけば必ずトスが安定するようになりますので頑張りましょう。

スパイクのコツについては下記をご覧ください。

バレーボール初心者に伝えたいスパイクの打ち方【アゴを引いて打つ】

こんにちは、夜桜です! 今回はバレーボールを始めたばかりの初心者やスパイクがうまく打てない方に向けて、 スパイクを打つ時のちょっとしたコツについて紹介したいと思います! 意外とバレーボールを長く続けて ...

続きを見る

レシーブのコツについては下記をご覧ください。

バレーボールでレシーブが上達するには?構え方やコツを解説

こんにちは、夜桜です! バレーボールにおいて、レシーブとは一番大切なプレーです。 レシーブでボールが上がらなければスパイクもトスも出来ません。レシーブは、バレーボールにおいて根底となるプレーなのです。 ...

続きを見る

-バレーボール, テクニック

© 2021 夜桜の七転八起ブログ Powered by AFFINGER5