バレーボール 基本ルール

バレーボールのポジションとは?名前や役割について詳しく解説!

こんにちは、夜桜です。

バレーボールには様々なポジションがあり、ポジション毎にそれぞれ役割があります。

バレーボール初心者の方やバレーボール観戦を目的とした人に向けて、今回は6人制バレーボールの各ポジションについて詳しく解説していきます。

バレーボールのポジションの名前と役割

バレーボールのポジションの名前は年々変わることが多いです。

現在呼ばれているポジション名と昔呼ばれていたポジション名を合わせて役割とともに下記に解説します。

アウトサイドヒッター

アタッカーやウイングスパイカー、サイドアタッカーとも呼ばれます。

全日本男子だと石川 祐希選手、柳田 将洋選手、少し前ですと越川 優選手、石島 ゴッツ選手等が該当します。

全日本女子だと黒後 愛選手、石川 祐希選手の妹である石川 真佑選手、少し前ですと木村 沙織選手等が該当します。

バレーボールにはポジションをレフト、センター、ライトに分けることが出来ますが、主にレフトポジションを担当し、サーブレシーブを行いながらレフトからのアタックやセンターからのバックアタック(最近だとパイプやビックと呼ばれます)で点を取ります。

攻守に渡り、活躍することが必要となるポジションです。

身長は高い方が有利ですが、レシーブ力が重要になるポジションですので、比較的低身長の人でも活躍することができるポジションです。

ミドルブロッカー

センターとも呼ばれます。

全日本男子だと小野寺 太志選手、山内 晶大選手、解説でお馴染みの川合 俊一選手が該当します。

全日本女子だと荒木 絵里香選手、岩坂 名奈選手等が該当します。

センターとして主に相手スパイクをブロックすることがメインの役割となります。攻撃についてはクイックと呼ばれる、セッターからトスが上がってすぐに打つ速攻をメインとします。女子の場合、さらにこれにブロード攻撃も多く使われます(高校生、大学生だと男子も使用する選手はいます)。

クイックにはAクイック、Bクイック、Cクイック等があり、Aはセッターの正面、Bは少しセッターから離れた場所、Cはセッターの後でスパイクを打ちます。ブロード攻撃はAクイックに入ると見せかけていっきにライト側まで走っていきスパイクを打ちます。

攻撃の内容からミドルブロッカーの攻撃の役割は早い攻撃を行うことで両サイドのアタッカーへのブロックを分散させることが目的となります。

こういった役割の性質からミドルブロッカーは身長が高い人が重宝されますポジションです。

オポジット

少し前はスーパーエースとも呼ばれていました。

全日本男子だと西田 有志選手、清水 邦広選手、解説でお馴染み山本 隆弘選手が該当します。現在の全日本男子監督の中垣内 祐一監督も当時はこのポジションでした。

全日本女子だと長岡 望悠選手が該当します。ただし、女子の場合はこのポジションにもアウトサイドヒッターを配置して守備力を上げることも多いです。

サーブレシーブには基本的に参加せず、ライトからの攻撃に特化したポジションとなります。その為、このポジションの選手は高いスパイク決定率が求められます。チームが困った時に点を決めることが出来る、エースと呼ばれる人が担当します。

身長はアウトサイドヒッターとほとんど一緒です。ただし、レシーブを基本的には担当しない為、身長が高く、打点が高ければそれだけスパイク決定率が上がる可能性が高まる為、身長が高いことに越したことはありません。

女子の場合は守備固めでこのポジションにアウトサイドヒッターを配置することがあり、その場合は特別身長が高い必要はありません(引退されてしまいましたが、新鍋 理沙選手がまさにそういった役割をなされていました)。

セッター

スパイカーにトスを上げるポジションです。

全日本男子だと関田 誠大選手、藤井 直伸選手、歴代日本最高セッターと呼び声高い猫田 勝敏選手が該当します。

全日本女子だと田代 佳奈美選手、宮下 遥選手、少し前ですと竹下 佳江選手、現在の全日本女子監督の中田 久美監督も当時はこのポジションでした。

バレーボールにおいてセッターは最も重要なポジション』と言えます。試合で一番ボールに触る機会があり、スパイカーに打ちやすいトスを供給する、相手ブロッカーを翻弄するトス回し等、セッターが一流であるチームはそれだけでチーム力が格段に上昇します。

こういった役割の為、当然身長が高いことに越したことはありませんが、比較的低身長でも活躍しているセッターは世界を見ても数多くいます。男子でも170センチ少しであったり、女子では160センチ以下でありながら竹下 佳江選手が世界的にも活躍したセッターでした。

リベロ

レシーブ専門の選手で攻撃に参加することができません。

全日本男子だと山本 智大選手、古賀 太一郎選手等が該当します。

全日本女子だと小幡 真子選手、井上 琴絵選手、少し前ですと佐野 優子選手が該当します。

基本的にミドルブロッカーの選手が後衛に移動した時に交代し、コートの中に入ります。サーブレシーブ、スパイクレシーブを担当し、レシーブのみである為、このポジションは身長の高さは求められません。

バレーボールは攻撃が注目されますが、レシーブ力の高いチームはなかなか崩れず、安定感の高い試合運びをすることができます。一番注目されづらいポジションではありますが、最もチームを支えているポジションでもあります。

バレーボールは全てのポジション毎の役割が重要

バレーボールのポジション毎の名前と役割について解説しましたが、いかがでしたか?

どのポジションにも重要な役割があり、それぞれの役割を全うすることで強いチームが生まれます。

今後、バレーボールを本格的に始める方にお伝えしたいこととしては、一度一通りのポジションを経験した上で、自分がどのポジションに向いているかを確認することが重要になると思います。

バレーボールの基礎知識について知りたい方は下記をご覧ください。

バレーボールの基礎知識について【ポジションについても解説します】

こんにちは、夜桜です。 20代後半、中学生からバレーボールを始め、高校生、社会人バレーを経験し、現在はソフトバレーボールという競技を中心に活動しています。 最近は全日本男子バレーボール、女子バレーボー ...

続きを見る

-バレーボール, 基本ルール

© 2021 夜桜の七転八起ブログ Powered by AFFINGER5